イングリッシュコッカースパニエルの病気

 

イングリッシュコッカースパニエルに一番多い病気といえるものに進行性網膜萎縮症という遺伝性の病気があります。
イングリッシュコッカースパニエルではかなり高い確率で病気を発症する子犬が生まれてきます。

また、常染色体劣性遺伝腎症(家族性腎症)という遺伝性の病気を持った子も生まれてきます。
若くして腎機能が低下し、死に至る恐ろしい病気です。

イングリッシュコッカースパニエルの子犬

イングリッシュコッカースパニエル ブリーダー グランジュケネルでは、親達にイングリッシュコッカースパニエル特有の遺伝性疾患である
・prcdPRA(進行性網膜萎縮症)
・FN(常染色体劣性遺伝腎症/家族性腎症)
の検査を済ませて繁殖に臨んでおります。

検査機関は、オーストラリアのGTGまたは、Orivet – ASAPラボラトリーです。

 

遺伝性疾患に対する取り組みは、日本のブリーダーの認識が低いせいもあり、
ほとんど浸透していないのが現状だと思います。

これを考えれば、全てが100%クリアのイングリッシュコッカースパニエルを日本で求めることは、ほんとうに至難の業だと思います。

それ程、イングリッシュコッカースパニエルには、prcdPRA(進行性網膜萎縮症)やFN(常染色体劣性遺伝腎症/家族性腎症)の病気を持って生まれる子が多いのです。

しかし、絶望的にならないでください。
足らずを補い合う交配はいくらでも可能です。
イングリッシュコッカースパニエルとパグ

病気の因子を持っていても、その子本人には病気の発症がない子(※これを「キャリア」と言います)と必ずクリアの相手との交配をしていけば、将来的にはその因子を全く持たないクリアの子が生まれてきます。

今現在、イングリッシュコッカースパニエル ブリーダー グランジュケネルは、まさにその方法で子犬を繁殖しております。

これから、足らずを補い合う交配から、可能な限り全てがクリアである繁殖犬同士の交配をしていけるよう、少しずつ進歩していきたいと強く思っております。

そして、犬をほんとうに大切に考えるブリーダーでありたいと思っています。

子犬をお迎えいただくオーナー様にも、そういった病気があることを知っていただき、ほんとうの愛犬家になっていただきたいと強く願っております。

子犬をお迎えいただく一番の基準は、価格や外観だけではないと思います。
スタンダードに沿っている方がよりよいのですが、家族の一員として、パートナーとしてお迎えいただくのでしたら、オーナー様ご本人が可愛いと思ってくださり、その子が病気など持たない健康な子であれば、それが一番よいのではないでしょうか。

 

母コッカーと子犬イングリッシュコッカースパニエル ブリーダー グランジュケネルでは、お迎えいただいた後に、「この子でよかった」と心から思っていただける、そんな子犬をご紹介していきたいと思っております。

子犬という命を育み、その命を安心して託すことのできるオーナー様に巡り会えるために、これからも初心を忘れず、真摯な気持ちで努力していきたいと思っております。

 

【イングリッシュコッカースパニエル.jp】 https://www.ecocker.jp/
犬ブリーダー 子犬販売 【ハニーわん】 http://www.1honeywan.com/