イングリッシュコッカースパニエルを迎える前に

遺伝性疾患について

イングリッシュコッカースパニエルを迎える前に

イングリッシュコッカースパニエルを迎える前に知ってほしいこと

クリアよりキャリア・アフェクテッドの犬の方が多い現実

イングリッシュコッカースパニエルの病気」のコンテンツにも記載いたしましたが、イングリッシュコッカースパニエルには、避けて通れない遺伝性疾患があります。

PRCD遺伝子座におけるPRA(進行性網膜萎縮症)とFN(家族性腎症/常染色体劣性遺伝腎症)です。

イングリッシュコッカースパニエルにおいては、この病気を元々持って生まれてくる子犬の確率が非常に高いのです。

家族性腎症より進行性網膜萎縮症のほうが、より高い確率でアフェクテッドの(必ずこの病気になる)子犬が生まれます。

徐々に目が見えなくなる病気ですが、目が見えなくなっても犬は今までの経験と感覚で生活できてしまうので、見えなくなったことに気付かないまま何年も経過してしまうこともあるようです。

別に死に至る訳ではないのなら、そんなこと気にならないというオーナー様は別ですが、可愛いわが子同然の愛犬の目が見えなくなっていた、そのことに気付くことなく何年か過ごしてしまったということになれば、オーナー様は心に深い傷を負うことになります。

FN(家族性腎症/常染色体劣性遺伝腎症)に至っては、死に至る怖い病気ですから、日々体調の変化を目の当たりにすることになります。

何でこんな病気になるのかと、繁殖したブリーダーを恨みもしますが、それよりも愛犬が見えなくなったことに気付かなかった自分自身を責め、あるいは、病気になってしまった現実を受け入れるためにオーナー様は苦しまなければいけません。

クリアの親犬から生まれてくることが、子犬を迎えるための必須条件

どうしてこんなことになるのでしょうか?

端的な言い方をすれば、DNA遺伝性疾患検査結果がクリア(nomal/clear/negative)でない親犬同士からは、必ず病気になる子犬が生まれるとお考えください。

イングリッシュコッカースパニエルを迎えようと真剣に考えている方に、ぜひ知っていただきたいことは、この病気のDNA遺伝性疾患検査を済ませている両親犬のどちらか一方がクリア(nomal/clear/negative)でなければ、病気を発症する子犬が必ず生まれてくるということです。

イングリッシュコッカースパニエルの子犬を迎える時には必ず、親犬のどちらか一方がクリア(nomal/clear/negative)であることを前提として、その上で遺伝性疾患検査報告書のコピーをもらうということを頭の片隅に置いていてほしいのです。

それをしないブリーダーの子犬は、PRCD遺伝子座におけるPRA(進行性網膜萎縮症)やFN(家族性腎症/常染色体劣性遺伝腎症)を発症するとお考えください。